生け花

flower

*今日の花*

さ、という訳で始まりました*今日の花*のコーナーです。

今日の、*今日の花*は、ってダブってますね(笑)

こちら〜↓↓↓↓↓ 😀

厳密に言えば、瓜の木の花ですね。

食用のウリがなる木ではありませんので、ご注意を。植物や動物には名前がややこしいものが多いです。

以下、植物図鑑weblioより参照

————————————————-

●我が国の各地をはじめ、東アジアに分布しています。産地の林内に生え、高さは3メートルほどになります。大きな葉は3~5浅裂して互生します。6月ごろ、葉腋から集散花序をだし、花弁が外側に強く巻いた白い花を咲かせます。名前は、葉のかたちが「うり」に似ていることから。

●ウリノキ科ウリノキ属の落葉低木。

————————————————-

それにしても見事です。

細〜い蕾みから想像もつかないほどにパッと花開いてくれるのかな、

という期待を見事に裏切る花の咲き方。

「あ!?、、、反るのね、、、。」

その姿はまさに、イナバウアーを彷彿とさせます。

表現が古すぎる、、、だって?

私も言ったことを後悔していますよ、えぇ。

次に、ウリノキを生けている花器をご紹介します。こちらは、新作なんですよ☆

「細工物の陶古」と言われるだけあって、細かい作りと丁寧な仕上げが魅力の一品です☆

植物をモチーフにしたものなので、花を添えるとすごく自然にまとまります。

花はできるだけ、花びらの小さいもの、小振りな花を選ばれた方がいいかと思います。

派手なものよりは、ウリノキのように、明るい色の物をアクセントとして添える、と言った感じで生けていただくと花も花器も互いに引き立つのではないでしょうか?☆

 

それではまた次回をお楽しみに〜

アディオス


*今日の花*

はい!今日から始まりました、*今日の花*のコーナーです。

知ってました?5月は一年のうちで咲く花の種類が一番多いんだそうですよ!

冬から春へ、そして夏へと、花の数も増えると生け花も益々楽しくなりますよね☆

せっかくですから、ウチの畑で採れた花たち、またそれを使って備前焼に生けたものたちをご紹介していこうと思います。

是非参考になさってみてくださいね♪

と言いましても、気まぐれに不定期でぼちぼち更新していこうと思いますので、皆様どうかお付き合いくださればと思います(笑)

というわけで早速、今日の花はこちら…

 

 

 

*今日の花* ヤグルマソウ

キク科の「ヤグルマギク」も別名ヤグルマソウと呼ばれていますが、全くの別の植物です。

以下、ウィキペディアより抜粋。

ユキノシタ科ヤグルマソウ属の多年草。花期は6〜7月。

日本では、北海道西南部、本州に、東アジアでは朝鮮半島に分布し、深山の谷沿いの林床など、湿り気のある場所に自生する。しばしば大きな群落をつくる。

和名の由来は、小葉の構成が、端午の節句の鯉のぼりにそえる「矢車」に似ることによる。

 


ヒダスキで生け花

今日はヒダスキの花器で花を生けたものを紹介します☆

ヒダスキのオレンジ色には植物の緑色がよく映えるので、お部屋を明るく華やかにしてくれます♪

特にこれからの季節は、水盤や竹籠の様なデザインの花器を使うと、涼しげな演出ができるのでオススメですよ☆

 

高杯 ¥30,000 【花】ヤマシャクヤク

 

 

花器 ¥25,000

 

 

花器(陶藏作)¥100,000

 

 

花器(陶藏作)¥120,000

 

 

 

高杯水盤(陶藏作)¥100,000

 

当店では花を生けるとき、剣山の代わりに鉄の鋳物の「カニ」を使います。

慣れないとなかなか難しいのですが、剣山と違って、茎を傷つけることが無いので花が長持ちしますし、浅い水盤などでは隠さずに見せて生けることができます。

単純に花を生けるというより「風景を作り上げる」と言った感じでしょうか?☆

それにしても、必死に支えるカニの姿が可愛く思えてきますね〜(笑)

それでは、また♪

 


春ですね♪

さくら満開春です!当店でも桜が満開ですよ☆ホームページリニューアルして初のブログ投稿をさせていただきます。

長い冬が続いておりましたので、桜も焦ったのでしょうね〜。咲き始めてからが早かった。

桜を見ると心が華やぎますよね。あまりにも見事なので、「ん?造花か?」と思ってついつい触ってしまうお客様もいらっしゃるようですが(笑)

ウチでは主に、畑で育てている草花を備前焼に生けている訳ですが、冬の間は採れる花が少なく、生ける方も大変みたいです。

でも春になり、こうやって色鮮やかな花の数も増えてくると、お店の雰囲気もがらっと変わって、見る人の心も穏やかに変えてくれます。

春にはパワーがあります。

何か新しい事を始めたくなる季節ですし、美しい花に魅せられて、生け花を始められた方も居らっしゃるかもしれません。

大変遅くなってしまいましたが、

東日本大震災により被災者の皆様、多くの方の尊い命が失われたことに深い追悼の意を捧げますと共に、

被災された方々へ、心からお見舞い申し上げます。

日本が一丸となって、復興に取り組まなければ行けない時ですね。後ろを振り向いている暇なんてないでしょう。

耐え難きを耐え、桜は必ず咲く。

私はそう信じています。


26 / 26«242526