個展

exhibition

【海外展示会レポート】小西陶藏「二人展」@Paris

お久しぶりです☆

今回は、つい昨日までフランスで行われておりました作家 小西陶藏と佐藤苔助「二人展」の模様をお伝えしたいと思います。

「こんなことでも無い限り、おフランスなんて洒落た所に行けまい!」

と、ここぞとばかりに田舎もんが遥々行って参りましたよ!

マティニヨン通り ギャラリー吉井 フランスパリ支店

会場は、銀座に本店を構える吉井画廊のパリ支店です。パリ中心部の凱旋門から程近いマティニヨン通りという所にあり、ここは数々のギャラリーが立ち並ぶ高級ギャラリー街で、アートや美術品を見るならここ、といった感じです。

小西陶藏「二人展」@Galerie YOSHII Paris

パリのウインドーに作品を並べて頂けるなんて、本当に光栄なこと。意識の高い方々に見て頂けるだけでも価値があります。

小西陶藏「二人展」 小西陶藏「二人展」@Galerie YOSHII Paris

↓ 店内の様子。それぞれの作家が書いた書も展示してありました。

小西陶藏「二人展」@Galerie YOSHII Paris

また、現地の雑誌にも紹介記事が載っています。フランス語の堪能な方は、機会がございましたら是非ご覧になってみてください。

フランスの芸術雑誌にて小西陶藏の紹介記事

日本じゃ考えられないくらい建物や街全体に統一感があり、世界中の人々が憧れるのも分かる気がします。

皆さん、いちいちお洒落ですしね〜、街を歩けば美女に当たりますよ。ひゃっほう!

はてさて、美意識の高いフランスの方々には備前焼はどのように映ったのでしょう。

食器に関して言えば、備前焼のような土器とは対照的な、表面が滑らかで絵付けも細部まで丁寧に作り込んだきらびやかな磁器が主流である一方で、素材本来のナチュラルな風合いや味わいを愛でる文化もあり、フランスには非常に興味深い価値観が存在します。

開幕初日には約300人の方に来場していただき、その中には、

「なぜ今でも釉薬を使わないんだ?」

といった難しい質問も飛び出していたようですが、大変興味を持って頂けたようで、少なからず収穫はあったようです。備前焼を海外に広める足掛かりになればと切に願います!

作品はすぐには日本に戻らず、引き続き周辺諸国での展示の可能性も出てきましたので、また何か進展がございましたら報告させていただきますね♪

余談ですが、ずっとフランス語を耳にしていると日本語をフランス語風にしゃべりたくなる衝動に駆られることが判明しました。

一番良いのは「あざぶじゅば〜ん(麻布十番)」でしょうね。

是非お試しを。

それでは、ボンソワール☆☆☆


個展案内☆祝!初海外個展

このたび作家 小西陶藏が東京は銀座 吉井画廊にて個展を行いますのでご案内いたします。

今回は、同じ備前焼作家 佐藤苔助氏との「二人展」です。

——————————————————–

日程:2012年5月7日(月)〜11日(金)

会場:吉井画廊

東京都中央区銀座8−2−8

TEL:03-3572-5727

——————————————————–

またそれに伴い、フランスにあります吉井画廊 パリ支店でも開催が決定いたしましたのでご案内いたします。

———————————————–

日程:2012年6月6日〜7月6日

会場:Galerie YOSHII

8, Avenue Matignon 75008 Paris

TEL:(1)43.59.73.46

———————————————–

お近くの方は是非、ご来場下さいませ。


【速報】個展の模様をお伝えします☆

今日は現在開催中の「小西陶藏 新作展」の模様をご報告いたします☆

年明けに戴いた受賞のこともあって、会場入り口は関係者の方々から戴いた花でいっぱいに!

個展初日はメディアも来て作家がインタビューを受けておりました。山陽新聞テレビ欄のページの端に記事が出ていたのをご覧になった方もいらっしゃると思います。

なんといっても今回の目玉は、「流」、「跡」と題されたこちらの作品たち↓

 

陶鉢、扁壷「流」

*上から/陶鉢「流」、扁壷「流」

陶鉢(板状の物)は水を張って花を生けると、まるで枯山水の様な風情が楽しめます。

 

四方花器「跡」/小西陶藏 新作展より

四方花器「跡」

備前の魅力を語る上で花器は外せません。

個展中も作家の妻が作品に花を生け、その魅力を引き出します。

作品単体では個性が強そうに見えても、いざ生けてみるとすんなりと草花を受け入れ一体になる優しさがあります。これぞ備前の土味の魅力ですね♪

花器/小西陶藏 新作展にて

また、壁には作家本人が書いた「書」も飾られています。

お客様の中には、作品よりも書が欲しいと言われる方がいたりして、陶芸家としては少し複雑なようですが。。。

販売はしておりません。あくまでもディスプレイの一つとしてお考えいただければ幸いです(笑)

書/小西陶藏 新作展にて 書/小西陶藏 新作展にて

ここに書かれている文は、白居易の詩「寄殷協律」の一句「雪月花時最憶君(雪月花の時 最も君を憶ふ)」

特に日本では格別に愛好される言葉で、「四季折々、それぞれの景色の美しい時、遠くにいるあなたを思う」というもの。

この「雪月花」が後に景物をめでる風流な態度そのものを示す語句となり、宝塚の雪組・月組・花組もここから来ているそうです。

備前焼から宝塚まで、えらく話が脱線してしまいましたが、、、

なにはともあれ、

小西陶藏 新作展は、天満屋岡山展にて31日まで開催しております!

寒さ厳しくなって参りましたが、お近くの方は是非ご来場ください☆


【受賞報告と個展案内☆】

受賞報告 》》》》》

新年早々に嬉しいニュースが入りましたので、ご報告させて頂きます!

この度、当窯元の監督者でもあります、備前焼作家 小西陶藏が、山陽新聞 文化功労賞を受賞いたしました!☆

これも偏に皆様の支えがあればこそ。日々精進してまいりますので、今後とも小西陶藏を宜しくお願いいたします。

以下、山陽新聞の記事より抜粋してご紹介いたします。

=========================================================================================

山陽新聞賞、奨励賞

第70回山陽新聞賞の受賞者が決まった。山陽新聞社が岡山、広島両県内で文化、社会、学術、産業、国際などの各分野で地域社会に貢献した個人、団体に毎年贈っている。今年は文化功労4人、社会、学術、産業、国際功労各1人と、山陽新聞賞の文化部門2団体、教育部門1団体の計8人、3団体。

壷をギザギザと巡る線と面が、触れるのをためらうほど鋭い。備前焼の温和なイメージを一変させる硬質な形は、器面を彫刻のように彫り込んで作る。

「伝統とは、いにしえに今を重ねていく創造である」を信条に、40年の陶歴を通して備前焼の現代性を追求してきた。

大学卒業後に祖父の名工・小西陶古が開いた窯元を継承。日本伝統工芸展で初出品から4回連続入選を果たし日本工芸会正会員になるなど、すぐに頭角を現した。「人に聞くのが苦手だから、全部我流で」と笑うが、積み重ねた努力と工夫は人一倍だった。

基本技術は窯元の職人の仕事を見て覚え、美術や自然にアイデアを求めた。ルオーの油彩画の深く澄んだ色彩や平櫛田中の木彫にみなぎる力感、砂漠に描かれた風紋…。美への感動が、斬新な表現の源泉となった。

それでも、心には常に「ごまかしを許さず、作り手の人間性まで映し出す」と語る土への畏敬がある。「技だけでなく、自分を磨かないと土は応えてくれない。まだまだこれからです」と照れくさそうに頭をかいた。

(大石哲也)

山陽新聞  1月3日

=========================================================================================

個展のご案内 》》》》》

今回受賞を頂きました小西陶藏の個展のご案内です。

小西陶藏 作陶展

小西陶藏 作陶展

期間:1月25日(水)〜31日(火)

場所:天満屋岡山店 5階 美術画廊

今回は土を変えたこともあり、今までとは違った表情の新作が多数並びます。

小西陶藏の作家としての新境地が垣間見れる展示に仕上がっていますので、皆様お誘い合わせの上、是非ご来場ください☆

会場について詳細は、天満屋のホームページにてご確認ください。

http://www.tenmaya.co.jp/okayama/art.html

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

《陶歴》

昭和22年 2代目陶古の長男(初代陶古の孫)として生まれる

昭和45年 大学在校時より益子焼窯元に出向き陶芸修行に励み、卒業後帰郷して母に師事

昭和46年 第18回日本伝統工芸展に初出品し、初入選

昭和49年 日本工芸会正会員となる

昭和50年 第3回中日国際陶芸展に入選

_____日本工芸会東中国支部奨励賞を受賞

_____山陽新聞社賞を受賞(県展委嘱)

昭和51年 第4回中日国際陶芸展に於て、文部大臣賞を受賞

昭和63年 金重陶陽賞受賞

平成 9年 フランス国立陶磁器美術館での『備前焼千年の伝統美展』に選抜される

平成15年 岡山県文化奨励賞を受賞


【小西陶藏 個展・備前焼まつりのご案内】

お世話になっております、備前焼窯元 小西陶古です。
この度、窯元当主である小西陶藏の個展を兵庫県は姫路にて行うことになりましたので、ご案内させて頂きます!!
詳細は下記のとおりです目
「備前 小西陶藏展」
【日時】 平成22年10月5日~10月11日
【場所】 姫路 山陽百貨店 5F美術画廊

会場についてご不明な点がございましたら、山陽百貨店のホームページも併せてご確認ください。
 → http://www.sanyo-dp.co.jp/
また、10月16日(土)・17日(日)には「備前焼まつり」DASH!が備前市伊部にて開催されます。
どの商品も通常の2割引でご購入頂けますので皆様お誘い合わせの上、足をお運び下さい。
車当日は近隣の駐車場も混み合いますので、公共交通機関を利用されることをお勧めします。電車
詳細についてはこちらをご覧ください。
 → http://www.city.bizen.okayama.jp/kankou/event/fall.jsp
皆様のお越しを心よりお待ちしています。
宜しくお願いいたします。目
備前焼窯元 小西陶古
---------------(有)小西陶古----------------
〒705-0001 岡山県備前市伊部640
TEL: 0869-64-2210
FAX: 0869-64-1578
E-mail: info@toukogama.com
Web: http://www.toukogama.com


3 / 3123