個展

exhibition

窯出し!!

皆様おまたせです〜

ついについに陶古の大窯、窯出しです!!!

まだうど(一番下)は開けてませんが、今回は窯出し第一弾、2番を開けるの巻でございます。

img_3387 img_3386 img_3388 img_3390

登りの桟切は色が深いですね。

先日お話しした鶴首も良いのが出てますよ!

あと忘れてはならないのが、、待望の、、青備前なのです!!!

30日から東京の日本橋三越本店で始まる小西陶藏の個展作品の青備前香炉もここに!!!

出来栄えやいかに…

img_3385

まだ全貌は明らかにできませんので、アップでご覧ください。

金属さながらの質感!!美しい出来栄えです〜!!

そしてそして、窯元の方の飯碗も最高の仕上がりですよ♪

動画もご覧ください↓

img_3392

早速できたてほやほやのが茶碗を食卓に並べてみましたが、なんということでしょう、異彩を放ち過ぎて浮いてますね。

img_3393 img_3394

もう、なんか、この世のものとは思えないほど神々しい。

ご飯で蓋をすれば輝きも和らいで丁度いいですね。

img_3395 img_3396 img_3397

大窯ですからある程度の数は出来上がっていますが、良いものはすぐに無くなるので、欲しい方はお早めお買い求めくださいね。

ネットショップにも入荷予定ですので、もう少々お待ちください。

 

大窯に続けて穴窯も窯出ししましたー!

img_3389

小西陶藏と言えば、穴窯の緋襷。

知らない人は憶えて帰ってね。

img_3391 img_3403

↑今回の新作。個展ではBOXをテーマにした作品が並びます。お楽しみに。

いよいよ今月末に迫りました、小西陶藏の個展は下記の通りです。

みなさま(特に関東の方!!)にお会いできる日を楽しみにしております!

 

『温故知新  備前 小西陶藏 作陶展』

日程  平成28年11月30日〜12月6日

時間  10:30〜19:30(最終日17:00まで)

会場  東京 日本橋三越本店 本館6階 特選美術画廊

 


個展案内と今日の花

春といえば若草色♫

そんな爽やかな緑で店内は溢れかえっていますよ!image

今日の花は「大手毬」と「小手毬」です。

 

【大手毬/オオデマリ】

英名 Japanese Snowball

紫陽花の花によく似ていますが、手毬のように少し小型のボール型が特徴です。

咲き始めは淡いグリーンに近いですが、次第に純白に変わっていくんです。
不思議ですね!

image  image

image

続いて、

【小手毬/コデマリ】

英名:Reeves spirea

別名:スズカケ

image

日本ではよく庭木として植えられている花で、耐寒性が強く、初心者でも育てやすいのだとか。

大手毬と小手毬、似たような名前が付いてますが、花姿はだいぶ異なりますね。
それもそのはず、科属が全く異なります。
大手毬はスイカズラ科、小手毬はバラ科なんです。

4月24日の誕生花でした。
投稿が一足遅かったですね。申し訳ありませんだみつお。

 

image

そういえば!

本日26日は、小西陶藏の誕生日でございます。

(ありがとうございます。どうもありがとうございます。いやぁ、そんなご丁寧に、あ、いつもお世話になっております、ありがとうございます。え?幾つになったかって?そりゃトップシークレットですよ社長〜、あ、はい、69歳です)

関東のお客様、大変お待たせいたしました!

今年は11月30日〜12月6日まで、東京は日本橋三越さんで個展をさせていただくことになっておりますゆえ、
新作をお楽しみいただければ幸いでございます。
私どもも会場でお目にかかるのを楽しみにしております。

老体に鞭打って、より一層精進し、作陶に励んでまいりますので、今後ともお引き立てのほど宜しくお願い申し上げます。


個展のご案内

おけましておめでとうございます、というには遅すぎますね、気づけばもう2月!!

早いですな〜。

あ、そうそう、2月と言えば、小西陶藏の個展があります!

今回は地元岡山での個展になります。

さらに10月には、名古屋でも個展を開催いたしますので、ファンの方は要チェックですよ!

今回の作品の(個人的)目玉は「青備前 × 細工物」☆

熟練の技と感性の結晶をご堪能ください。

ぜひこの機会に、会場にて実物をご覧いただけたら幸いです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

会場:岡山天満屋 美術画廊

日時:2月11日(水)〜17日(火)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【愛知県】

会場:名古屋三越 美術画廊

日時:10月21日(水)〜 27日(火)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


海外展示に出品します!

今日は告知です!

 

なんと!

9月5日〜9日にパリで行われる、「メゾン・エ・オブジェ」に窯元 小西陶古から作品が選出されることになりましたー!!!☆☆☆わー!!!

http://www.maison-objet.com/en/paris

毎年フランスはパリで1月と9月に開催される、欧州最大級のインテリア&デザインの見本市でございます。

日本では「デザイナーズ・ウィーク」というのがありますが、それに似たようなものでしょうね、きっと。たぶん。

主催者の審査を経て出品が決定し、スペース料金を払えば誰でも出展できるという見本市ではないので、非常にありがたく、誇りに思います!☆

出品数は少ないのですが、

おフランス、近隣諸国にお住まいの皆様、そして滞在予定のあるかたは是非御立ち寄り下さいませね〜♪

詳しくは後日またご案内いたします。

オー ヴォワー。


個展案内&初代の作品

本日から開催です!

小西陶藏の個展は3月5日(水)〜11日(火)まで。

姫路 山陽百貨店にて開催中ですので、お近くの方はぜひお越し下さいませ。

 

さて、今回は特別なものをご覧に入れましょう!

実は正月に紹介すべきものだったのですが、すっかり遅れてしまいました。

まずはこちらのカレンダーから↓

写真にあるのは、備前信用金庫様から毎年発行されているカレンダーです。

そのカレンダーには毎年その年の干支の作品が掲載されます。

今年は、“馬年”。

何気なくこのカレンダーを受け取って見てみると、見覚えのある馬だなと思ったら、

なんと!初代 陶古 If executed prop- erly, a big hard drive recovery service strategy can have a huge impact on the effectiveness of a business strategy. 本人の作品(大正7年頃)!

初代 陶古の作品「馬」

驚きなのは、この作品がいつ作られたかということ。

そつなくこなしたように見えるサラッとした作り込みですが、実物を見れば、馬も人も身震いするほど生気を帯びた表情をしています。

初代 陶古の作品「馬」

初代 陶古の作品「馬」

初代 陶古の作品「馬」

凡人が努力と経験を重ねて作り上げたものとは一味も二味も違う造形力。

これは一目瞭然です。

なんとこれだけの作品を、彼は19歳の時にやってのけたのです。

これを天性の才能というのでしょうかね。

ですが残念なことに、それはそれはひどい酒呑みが原因で、若くして亡くなってしまいました。

莫大な飲み代の代わりに作品を置いて帰ったいう逸話もあるほどです。

もう少し長く生きていたら文化財に指定されていたとも言われており、なんとまぁ惜しいというにも惜し過ぎる人生ですが、

初代自身が作った数少ない作品が、こうやって一人でも多くの方の目に触れる機会を頂けたことに、深く感謝しております。

ちなみに、このカレンダー、備前信用様よりちゃっかり何枚かストックも頂いておりますので(笑)、欲しい方には進呈いたしますよ〜!!


1 / 3123