今日の花*キツリフネ

今日の花*キツリフネ

こんにちは。

蒸し暑い日が続いていますね。

皆さま、体調を崩されていませんでしょうか。

脱水になりやすい時期ですので、こまめに水分補給して体を労って下さいね。

さて、今日は夏の花「キツリフネ」をご紹介します。

キツリフネ(黄釣船)

Impatiens noli-tangere

細い柄にぶら下がった状態で花開く、独特な形のキツリフネ。

その姿が帆をかけた船に似ていることから、「黄釣船」という名前がついたそうです。


可愛らしいですね。

こっそりと妖精が住んでいそうな不思議な形。。

ちなみに属名のImpatiensは、ラテン語の「impa(否定)」+「tient(忍耐)」からきている「我慢できない」という意味。

種小名のnoli-tangereは「私にさわるな」という意味。

実は、この花の後にできる実がさく果(熟すと下部が裂けて、種子が散布される果実)で、「急に私にさわると、種子が飛び出すよ!!」という意味だそう。

なかなか面白い名前ですね。