今日の書「壷中有天」

今日の書「壷中有天」

ご無沙汰しております、今日の書のコーナー。

今回は「壷中有天」。

「壷中有天」は、「こちゅう、てんあり」と読みます。

安岡正篤氏の百朝集に、「六中観」という人の道を説いた名言があります。

「苦中、楽有り。」

「忙中、閑有り。」

「壺中、天有り。」

「意中、人有り。」

「腹中、書有り。」

「死中、活有り。」

これは、孔子、孟子、老子、荘子ほか東洋先哲の教訓に潜む普遍の真理を、人の道と指導者のあり方を論じた実践活学を説いたものです。

人間の基本は、活力、気迫、生命力であり、不変の真理を人間の品格を涵養する徳におき、人徳のない人間の行動は、必ず破滅すると説いています。

その中で「壺中有天」は、後漢書方術伝、費長房の故事からきたものですが、その内容については割愛させていただきます。

簡単に言えば、日常の生活の中に自らが創っている「別天地」を持つことです。

意外な人に意外な趣味があったりして、分からんもんだなと、しばしば思う事があるでしょう。

自分の別天地、人知れぬ別世界を持っている人は強いです。

ここで「強い」というのは、「救われる」と言った方が良いかもしれません。

意に満たぬ俗生活を強いられるのが人生の常でありますが、

そんな時に、俗世間のしがらみから逃れられる、利害など全く関係ない自分だけの世界を持ち、なおかつそれを深めていく努力。

苦難にあっても、どんな立場になろうとも、

心に余裕を持って生きていける、夢中になれる時間を持つ事が、大切だということです。

安岡正篤氏は、「たとえ一日5分でもいいから、壺中天有りの生活をせよ。」 と説いています。

そうやって得られた精神で、関わる人全てに正しく接することが出来る人間であれ。


自分は果たして、絶えず何かに打ち込んで、毎日充実した生活を送れているだろうか。

自らの「壺中の天」をどこに見つけるか。

年を取れば取るほど考えさせられる言葉のような気がします。