今日の花*クロユリ

今日の花*クロユリ

今日の花は「クロユリ/黒百合」です。

花としては非常にミステリアスな色をしています。

釣鐘の形をした花が下向きに咲くのが特徴。

 

今日の花「クロユリ」

今日の花「クロユリ/黒百合」

和名:クロユリ(黒百合)

学名:Fritillaria camtschatcensis

英名:Chocolate Lily

科属:ユリ科バイモ属 高山植物の多年草

別称:エゾクロユリ(蝦夷黒百合)

花色:褐紫色

原産:日本中部以北、千島列島、ロシア連邦のサハリン州、カムチャツカ半島、ウスリー地方、北アメリカ北西部に分布。高山帯の草地に生える。

===================================================

日本で最も有名な生息地は石川県の白山で、室堂周辺などに大量に群生しているのが見られますまた石川県の「郷土の花」でもあります。

「クロユリ」と言っても、北海道の低地に自生する「北海道型」と、本州中部の高山に自生する「本州型」の2種類が存在し、花姿などが若干異なります。

 

●北海道型の花期は4月-5月。

草丈が50cmほどの高さになり花数が多く、花色は黒に見えるほど濃い暗紫色で、雄しべの葯(やく)が開くと真っ黄色の花粉が現れ、花びらとのコントラストが非常に良く印象的です。

一般的にクロユリというとこちらを指し、今回ご紹介させて頂いたのも、この北海道型です。

 

●本州型は花期は7月頃。

草丈が15cm-30cmにおさまり、花は2-3輪しか咲かせません。

花色は全体的に緑がかっています。

北海道型と区別するために、「ミヤマクロユリ」と呼ばれることもあります。

 


花びらが重なって咲く八重咲き(重弁花型)や黄色い花を咲かせるキバナクロユリが知られています。

え、もう“”ユリじゃないし。っていうね。

チョコレートDARSが百円ショップでは9個入りに再編成されていることぐらい矛盾を感じちゃいます。

なんと、英名は奇しくも「チョコレート リリー」。

ちなみに、アイヌ料理では鱗茎を米と混ぜて炊いたり、茹でてから油を付けたりして食されるそうです。樺太では乾燥させて保存し冬季の料理に用いられました。

花言葉は「」「呪い

花言葉も二面性があって、怪しさが漂います。

映画「スノーホワイト」でシャーリーズ・セロンが演じる鏡の魔女、もしくは、映画「ブラック スワン」でナタリーポートマンが演じる黒鳥の方を連想してしまいました。


草花系男子の皆さん、

美しい女性には

くれぐれも

ご注意を。