今日の花*南京コアヤメ

今日の花*南京コアヤメ

一般的にアヤメというと、背丈は40~60cmの花です。

↓こちらは「寒アヤメ」。本当にうっとりするほど美しい容姿です。

しかしながら、今日ご紹介する花は、アヤメはアヤメでも「コアヤメ」。

「コアヤメ」と言っても「満州コアヤメ」やら「白花コアヤメ」やら色々と種類があるようで、花の大きさや葉の形も様々です。また、別名や俗称がコアヤメで出回っていても、正式名称が全く違うものもありますのでご注意下さい。

今回ご紹介する品種を調べた結果、花屋では「南京コアヤメ」という名で売られている物のようですので、ここでは「南京」を付けて表記しておきます。

「南京コアヤメ」は、その名の通り、うーんと“小さい” アヤメなんです。

背丈は約10cmといったところでしょうか。

手のひらで隠れてしまうほどのサイズです!

可愛いですね〜☆

産地:東ヨーロッパから小アジア原産

花期:3月後半〜4月

乾燥にも強く常緑で多年草、丈夫で湿地でなくても育つらしいです。

低い分、この様な高杯で生けると丁度いいバランスになります。

余談ですが、とにかく、花の名前はややこしすぎる!!!こと、アヤメに関しては。

あと、椿もそうですね。個人的に、椿は覚えないことにしています(笑)

本来なら学名で流通するのが、判別するにも一番確かなのですが。日本は、どうしても別名や俗称が増えて行ってしまいます。薬局で売っている薬もそうです…

ちなみに、「コアヤメ」で流通しているものの一つに学名で言うところの「Iris sibirica」があります。(「シベリア アイリス」や「シベリア アヤメ」でも知られているもの)

こちらは、背丈もだいぶ大きいですからね、どこからコアヤメという名がついたのか不思議ではありますが。

それではまた。