アイデア商品「馬の腹当てからの〜」

アイデア商品「馬の腹当てからの〜」

「寒くなりましたねぇー」が挨拶がわりになりましたね。小西です。

さてさて、今日はちょいと面白いものをご紹介します。

♪てってれー!!!

割り竹小鉢

どうせ、お馴染みのミニの花入れなんでしょ。と、お思いでしょう。

そうなんです。が、しかし!!

これが出来るまでの経緯が面白い。

馬の腹当て

ん、、、なんでいきなり馬が出て来た。。。?って感じですよね。

お腹の下にある物をよ〜くご覧下さい。本来これは置物の完成品には存在しません。

これは、焼く時にお腹の部分が垂れて落ちてこないようにするための腹当てなんです。焼き終われば用無しなんですが、それでは勿体ないぞ、と。陶古は考えたのであります。

馬の腹当て

これを縦に割って2つ足を付けてやれば自立して、ちょっとした小鉢になります。

芸の細かい陶古ですから、これだけでは終わりませんよ。

切り口には竹の節目を模した細工を施し、表面には石目の凹凸を付けて。。。と、こうなりゃもう独立した一つの商品ですわ。

珍味入れや醤油皿として使うも良しです。

割り竹小鉢

そろそろ皆さんが気になっているお値段の方を発表させて頂きます。

なななんと!

¥500(税込)!!!夢のワンコイン!!!

破格ですな〜。当店最安値では無いでしょうか。これは要チェックです☆