今日の花*歌仙草・箱根菊・女郎花

今日の花*歌仙草・箱根菊・女郎花

みなさ〜ん、前回の山野草クイズ分かりましたか???

それでは早速、答え合わせです♪

(左上から時計回りに)ワレモコウ、

歌仙草 (カセンソウ)、

玉咲きの青花フジバカマ、

箱根菊、

女郎花 (オミナエシ)、

河原撫子 (カワラナデシコ)、

八重咲きのキキョウ、

柳葉田村草(ヤナギタムラソウ)、です。

いかがでしたか??

まぁ、これが全部言えたあなたは山野草マニア Level3ぐらいでしょう(適当)。

箱根菊、女郎花、歌仙草は今までブログで登場したことが無いので、この機会に紹介したいと思います☆

======================================

 

【歌仙草/カセンソウ】

学名:Inula salicina var. asiatica

科属:キク科オグルマ属の多年草

花期:7〜9月

花色:黄

分布:北海道〜本州、オグルマよりも乾いたところに自生する

「歌仙」とは和歌の才に長けた人のことを言います。この歌仙が乗った車の車輪を連想したものともいれていますが、正確には分かっていないようです。

======================================

【箱根菊/ハコネギク】

学名:Aster viscidulus

別名:深山紺菊(ミヤマコンギク)

科属:キク科シオン属の多年草

花期:8〜10月

花色:白、淡い紫色

分布:関東、中部地方(箱根を中心に富士火山帯の山地に多い)の山地の日当たりのよい斜面。日本固有種である。

「歌仙」とは和歌の才に長けた人のことを言います。この歌仙が乗った車の車輪を連想したものともいれていますが、正確には分かっていないようです。

======================================

【女郎花/オミナエシ】秋の七草のひとつ。

学名:Patrinia scabiosifolia

科属:オミナエシ科オミナエシ属 の多年生植物

花期:7〜10月

花色:黄

分布:沖縄をのぞく日本全土および中国から東シベリア

花言葉:約束を守る

別名:想い草

誕生花:8月16日

手入れの行き届いたため池の土手などは好適な生育地であったが、現在では放棄された場所が多く、そのために自生地は非常に減少している。日本では万葉の昔から愛されて、前栽、切花などに用いられてきた。漢方にも用いられる。

「おみな」は「女」、「えし」は古語「へし(圧)」を意味し、美女を圧倒する美しさから名付けられたそうな。

また、餅米でたいた「おこわ」のことを「男飯」と言ったのに対し、「粟(あわ)ごはん」のことを「女飯」と言い、花が粟粒のように黄色くつぶつぶしていることから「女飯」→「おみなめし」→「おみなえし」となったとの説もあるそうな。。。すいません、いまいちよく分かりません。

何はともあれですよ。

花言葉と別名が素敵じゃないですか!エモい(エモーショナルな感じ)ですね。女性に贈ったついでにうんちくを言うと彼女のハートをゲットできるかもですよ。ひゅ〜ひゅ〜

ちなみに、女がいれば男もいるわけで。「男郎花 (おとこえし)」という花も存在するのです。花色は白く、形はそっくりです。こちらもなかなか綺麗ですよ♪